「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



大腸がん 症状 大腸がんに罹る方は、男女ともに年々増加の一途を辿っています。 大腸がんが増える原因は日常の食生活にあり、それは、肉や油ものに含まれる、動物性脂質の摂りすぎです。
大腸がんは非常に気づきにくい癌なので、早期発見できるかが大きな分かれ道となります。日本人の発症率が高い大腸がんについて、最近の医療など詳しく考えてみます。

  ■大腸がんの基礎知識


大腸がん 症状  大腸がんの初期自覚症状
大腸がんの初期の自覚症状として、痛みなどの感覚は殆どありません。 大腸がんの初期症状は、便に血が混ざり始めたり、それによって便の色が黒っぽくなります。
他にも、便秘と下痢を繰り返すようになり、排便は下剤を使わないと出ない状態になってしまいます。

大腸がん 症状  大腸がんの検査について
大腸がんの検査は、初期の簡易的な検査で便潜血検査という便の検査を行います。
この検査で便に血が混ざっていたら、CT、MRI、PETという検査を行います。 これらはX線などを用いて行う検査で、撮ったX線写真をみて確認します。

この検査で腫瘍が見つかった場合、ごく小さいものであれば、内視鏡を使って切除施術を行います。
この腫瘍であるポリープは良性のものと悪性のものがあり、良性のものは切り取らずに、数年経過を診ます。

大腸がん 症状  大腸がんと遺伝の関係
大腸がんには、遺伝因子を持ったがんがあります。
これまではあまり遺伝性はないとされてきましたが、最近の統計から遺伝因子を持つ大腸がんがあることが解りました。
家族性大腸ポリポーシスから大腸がんに発症する場合です。患者数の割合は1%と少ないですが、遺伝因子があることが確認されました。

大腸がん 症状  早期治療で完治する?
大腸がんは早期発見、早期治療がもっとも治療に効果的で、がんが完治する確率も高いです。
しかし初期の症状は辛くないため、気付かないことやそのまま放置することが多いのです。

また、日常の食生活はとても重要で、バランスの取れた食事を心がけることが、大腸がんの予防に繋がります。
食生活においてカルシウムを多く取り入れると、大腸がんの予防とこれに関係した便秘が解消できます。


このサイトを購読する

免責事項

当サイトは、大腸がんに関する情報を正確に伝えるよう配慮しておりますが、すべての情報を保障するものではありません。
当サイトの利用による間接的、あるいは直接的に生じたいかなる損害においても、当方では一切責任を負い兼ねます。

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★stateup.com
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。 大腸がん 症状